英語の文型は動詞の意味で決まる

更新日:

英文を読むコツ。

 

主語・述語の次は、説明語Cだ。

 

学校文法では「補語」と呼ばれるヤツだ。

 

説明語Cの話をする前に、なぜ補語とか目的語というのがあるか、ざっと説明しておく。

 

まず英語の文型は動詞で決まる

 

5文型だとか2文型というのは結局、動詞によって決まって来るもので、特に動詞の意味によって文型が決まる。

 

たとえばrunという動詞が述語なら、たいていSVの構文しか作れない。

 

She runs.(彼女は走る)The river runs.(川は流れる)
「走る」とか「流れる」というのは、それ自体で説明が完了している。

 

つまり他に必ず必要な情報はない。

 

なのでOとかCは要らないわけだ。

 

「どこで」という情報を知りたい人もいるかも知れないが、通常は不要だ。

 

(もちろんrunにも他動詞としての用法はあるが)一方、giveという動詞であれば、どうか。

 

「与える」という動作は、「与えるモノ」と「与える相手」がないと完了しない。

 

I give.だけでは「誰にあげるの?」「何をあげるの?」という情報が不足する。

 

なのでSVOtoTとかSVTOという文型を作ることになる。

 

He gave a present to me.He gave me a present.(彼は私にプレゼントをくれた)
つまり動詞の意味で文型というのは決まってくるので、動詞の意味さえ分かれば文型はあまり気にする必要がない。

 


スタディサプリ オススメ

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

(3)説明語・説明部(C)・・・SVC文の部品

英語の文型は動詞の意味で決まる。

 

なので動詞の意味が分かれば、文型というのは勝手に決まって来るものだと思えばよい。

 

特に2文型に分類するには、動詞がbe動詞であるかどうかをみればよい。

 

というのも述語がbe動詞グループの動詞なら「SVC文」になるからだ。

 

このSVC文で主語(S)を説明する言葉を「説明語・説明部(C)」と呼ぶ。

 

説明語Cは学校文法では『補語』と呼ばれているが、はかせ塾文法では『(主語の)説明語』と呼ぶことにする。

 

だいたい補語complementというのは意味不明の言葉であって、英英辞典でもよく分からない説明が載っていたりする。

 

たとえばa word or phrase used to complete a grammatical construction(言葉や句で、文法的構造を完成するために使われるモノ)なんていう風な説明で、なんのこっちゃかよくわからないしね。

 

でこの説明語Cとしては、名詞・形容詞・現在分詞・過去分詞が使われる。

 

例文

This is a cat.   (名詞)※ a catは主語の説明だ。

 

「これ」・・・「ネコ。

 

」He looks young.  (形容詞)※ youngも主語の説明だ。

 

「彼」・・・「若い」

なおbecome, look(見える), sound(聞こえる), taste, feel, smellなどもbe動詞グループとして扱う。

 

Tom is running now.  (現在分詞)※ runningは「走っている」という状態を表す分詞で主語Tomの状態を説明している。

 

「トム」・・・「走っている」Those who are kind to others are loved by everybody. (過去分詞)※ これも主部の説明だ。

 

「他人に親切な人々」・・・・「愛される、みんなに」I saw him running. (現在分詞)※ この文の場合は、目的格のhimの説明だ。

 

「彼」…「走っている」

最後の例文は学校文法ではSVOCという文型になるが、はかせ塾文法では一般動詞の文(SVO文)と捉える。

 

つまり目的語Oの中の構造がS'Cとなっていると理解する。

 

つまりSV(S'C)だ。

スポンサーリンク

Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット


英語学習は、まずこれから

先に熟語300の例文を丸覚え。次に英単語600を覚えるべし。

合格英熟語300: 点をとるポイントがわかる120字解説

合格英単語600: 最重要単語+100字解説+発音表示

合格英文125

改訂版 鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁

スタディサプリ 大学受験講座

月額2,000円ちょっとで、一流予備校講師の15分授業が見放題。高校生の基礎固めに、隙間時間の有効利用に!

スタディサプリENGLISH