音声のスピードを変えることができる再生ツール

それではリスニング練習を始めよう。

 

リスニング練習にまず必要なのが、リスニング用の音声ファイルと再生ソフト

 

リスニングに使える英語の素材は、ネット上に山ほど転がっているが、それをまず教材に加工する。

 

動画から音だけ抜き出したり、複数の音声ファイルの音量を揃えたり、再生スピードを変えたりするには、色んなツールが必要になってくる。

 

ということで今回は、リスニング音声を作るツールなどを、簡単に紹介しておくことにする。

 

最初はパソコンで音声ファイルを再生する再生ソフトだ。

 

ナチュラルスピードの英語は、けたたましいので、スロー再生や再生スピードの調整が簡単にできるツールが必要になる

 

そのためにオススメなのが『聞々ハヤえもん』だ。

 

聞々ハヤえもん(速度が変えられるmp3プレイヤー)

「もんもん」かと思っていたら「ブンブン」と読むらしい。

 

再生速度や周波数を変えることができるので、気になる箇所をゆっくり聴いたりすることができる。

 

逆にシステム英単語や英単語ピーナツのCD音声で、英単語のおさらいなどをする場合は早回しでおさらいできる。

 

私の場合、AKB48の曲も、自己啓発セミナーの音声も、NPRニュースやPBSトピックス(アメリカ公共放送)も、全部mp3形式ファイルにして、このツールで聞いている。

 

★ダウンロードはこちら→聞々ハヤえもん速度が変えられるmp3プレイヤー


リスニング用 英語音声ファイルの作り方

聞々ハヤえもんをダウンロードして使えるようにしたら、次はリスニング用の英語の音声ファイルを作る。

 

リスニング用の英語音声ファイルは、ipodなどのデジタルオーディオプレイヤーでも使えるように、MP3(.mp3)形式の音声ファイルで作る必要がある。

 

一番簡単な方法は市販の教材を使うことで、CDなどに収録された音声をmp3形式でパソコンに取り込んで使えばよい

 

WINDOWSパソコンの場合、Windows Media Playerの「音楽の取り込み」機能を使えば、CDからmp3ファイルを作ることができる。

 

ただデフォルトではWMA形式になっているので、「取り込みの設定」をmp3形式に変えておく

 

できたファイルの保存場所も、必要があればデスクトップなどに変えておけば便利だ。

 

CDから音声を取り込み

Windows Media Playerの設定(mp3形式で取り込む設定)

<ツール>→<オプション>をクリック→<音楽の取り込み>タブをクリック、<取り込みの設定>の形式を<mp3>に設定。

 

CDから取り込む場合は、音質は最小サイズで充分だ。

 

Windows Media Playerの設定

広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付


このエントリーをはてなブックマークに追加


Z会 英語

スタディサプリ TOEIC対策