日常英会話の決まり文句は、先にマスターすべし。

リスニング・ファースト英語学習法はリスニングを中心として英語を学ぶ方法だ。

 

言葉というのはまず、耳から入ってくるわけだから、耳から聞いて、口から出すというのが大原則。

 

なのでリスニングから始めて口から出すというのは、きわめて自然な英語学習法のハズ。

 

ところがここで問題となってくるのが、日常英会話でよく使われるフレーズだ。

 

Go ahead.(はい、どうぞ)Take your time.(ゆっくりでいいよ)Never mind.(何でもないです)こういった「決まり文句」的な英語表現は、インタビューなどのリスニング音声では耳にするが、耳にしてからいちいち調べていたらキリがない。

 

なので英語圏で普通に使われる日常英会話の決まり文句は、最初に覚えておいた方が、学習効率が全然違うだろう。

 

大学入試レベルの難しい英文を読む前に、まず『合格英熟語300』を覚えろというのと同じ理屈だ。

 

熟語も一種の決まり文句だから、よく使われる決まり文句をある程度最初に覚えると、そのあとの勉強が一気に捗る(はかどる)わけだ。

 

ということで、日常英会話でよく出てくるフレーズを、先に覚える必要があるのだが、それに使えるのがこの教材だ。

 

★子供っぽい表現、大人っぽい表現の違いにも注意。

 

ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100―誰もここまで教えてくれなかった使える裏技


英語で子供時代を過ごしてないハンデキャップ

日本人がリスニング・ファーストで英語を学習するには、様々な難関がある。

 

まず英語の発音が日本語とかなり違うので、英語を脳が言葉として認識しない。

 

音としては聞こえているんだけれど、言葉として認識されないから、ボーっと聞くだけでは覚えられない。

 

そのために英語の発音法を練習して、どんな音があるのかを自分の脳に教えないといけない。

 

次に日常英会話の表現を知らないから、単なる「どうも」「ごめんね」「気にしないで」みたいな本当に簡単な言葉でも時間を食ってしまう。

 

我々日本人の多くは、英語環境で育っていないから、こういう子供の時に使うような英語を全く耳にしていない。

 

つまり英語で過ごす子供時代を経験していないから、簡単な英会話やリスニングが難しくなるわけだ

 

NPRニュースやPBS HOURSなどでもよく、演説やインタビューの音声が流れるが、意外とこういう決まり文句で頭がフリーズしてしまう。

 

こういう決まり文句は重要でないので、たいていの場合、聞き流してしまえばいいわけだが、知らないと「何だろう?」と深入りしてドツボにはまる。

 

英語圏で育った人にとっては、それこそ何万回何十万回も聞いてきたフレーズだから、意識にも上がらないかも知れないが、ここで止まってしまう。

 

こういう事を避けるためにもまず、日常英会話で使われる表現を、しっかり何百回も耳から入れておく必要があるだろう。

 

これは知識として知っていればいいわけではなく、無意識に聞き流せるくらいに練習しておく必要がある。

 

聞き飛ばすために一生懸命聞くというのも、変な話ではあるが。

 

★こっちは、日本語の日常会話表現を英語でどう言うかという本。

 

難関大学の和文英訳、英作文などで使えるかも。

 

英会話きちんとフレーズ100


広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付


このエントリーをはてなブックマークに追加


Z会 英語

スタディサプリ TOEIC対策