英語音声ファイルを調達

リスニング練習のためにはまず、英語音声ファイルを調達する。

 

毎日新しい英語に触れたいのなら、NPRの定時ニュースが簡単でいい

 

NPRというのはアメリカの公共ラジオだが、インターネットでもニュースを流している。

 

アメリカ公共ラジオ放送この中に<NPR Hourly News Summary>(定時ニュース)というのがあって英語の耳慣らしにちょうど良い。

 

最初に広告が10秒ほど放送された後、ニュースが始まるのだが、プレイヤーの下の所に<download>というリンクがあって、これをクリックすると、ニュース音声をmp3形式でダウンロードすることができる。

 

毎回約4分間の英語のニュースが流れるが、人名や地名などの固有名詞などがバンバン出てくるので、時事問題などのリスニング教材にはうってつけかも知れない。

 

あくまでも耳慣らし用だが、人名や地名などの固有名詞のリスニング練習になる。

 

普通のリスニング教材だと、ニュースに出てくる固有名詞はあまり載ってないからね。

 

こちらから→NPR Hourly News Summary一方、大学入試やTOEICなどのリスニングテストで高得点を狙うなら、速読速聴・英単語シリーズのCDに収録されている音声ファイルが、単語のレベル的にはちょうどいいかも知れない。

 

ただしいきなりこのレベルのリスニングをするのは難しいし、元々英単語を覚えるための教材なので、持っていればリスニングにも使えるぞ、という程度だ。

 

リスニング力をつけるために、新しく教材を探すのであれば、音読パッケージが平易で良いだろう。

 

このシリーズはリスニング力を上げるために作られたシリーズで、リピーティングやシャドウイングができるように音声が作られている。

 

読む英語力を10とすると、リスニング練習には、5〜7くらいの難易度がよいと言う考え方で、一番ノーマルなタイプの本の例文はこんな感じになっている。

 

Three men went fishing on a boat. There was a sudden storm and their boat sank. They managed to swim to a deserted island. It was very hard to live there but they tried to survive. One day they found a bottle on the beach....
構文的には中3までに習うくらいのレベル。

 

単語は中学3年生〜高1年生レベルで、英検で言うと3級から準2級くらいのようだ。

 

だからこれが聞き取れなかったら、確かに速読速聴英単語のCDなんか無理だろうな。

 

音読パッケージ・トレーニング


音読パッケージ・シリーズの使い方

NPRニュースは英語の耳慣らしにはよいが、実際のリスニング練習には使いにくい。

 

というのも地名や人名などの固有名詞や、専門用語がたくさん放送されるからだ。

 

知らない固有名詞は聞き取れたって、考えたって分からないから仕方がない。

 

なのでリスニング・テスト対策のためには、簡単な英文を題材に取り上げている音読パッケージという市販教材でリスニングの練習をしよう。

 

音読パッケージの使い方としては、「先行リスニング」を徹底的にやること。

 

先行リスニングとは、読み上げられる英文のテキストを見ずに、音声ファイルだけを何十回と聞き込む練習法だ

 

この本には2枚CDが付いていて、その中には40個の英語ファイルがあるので、これをパソコンに取り込んでmp3ファイルを作り、一つのファイルを徹底的に聞きまくればよい。

 

※音声の取り込み方法は、以前説明したので省略。

 

CD取り込みの設定法(mp3)付録の2枚のCDについて少し説明しておくと、1枚目は英文をポーズ(空白)無しで読み上げられたCDで、ゆっくりスピード(1〜40)と、ナチュラルスピード(41〜80)になっている。

 

1番と41番、2番と42番が同じ英文になっていて、さらに2枚目のCDにも同じ英文が収録されている。

 

ただし2枚目のCDには、英文が1文ずつ、あるいは1フレーズずつ読み上げられ、リピーティングができる空白部分がつけられている(1〜39)。

 

2枚目のCD1番目の英文が欠けているのは、1枚目の一番最後の第81トラックに収録されているからで、どうやらポーズ付の音声ファイルが1枚のCDに収まらなかったということらしい。

 

で、この音声ファイルを一つずつ徹底的に聞き込む

 

単語が全て聞こえるようになって、それでも聞き取れない単語があったなら、そこで初めて本文の英文をチラッと見る。

 

単語の詳しい意味などはどうでもいいから、単語の音が全部聞き取れてるかが重要だ。

 

英文の内容がイメージとして頭に浮かぶまで、とにかく何度も聞きまくる。

 

英文自体は平易なので、何十回と聞いていると、話の流れは掴めるはずだ。

 

またリピーティング練習・発音練習を中心にしたい場合は、2枚目のCDの音声から始めても良いだろう


広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付


このエントリーをはてなブックマークに追加


Z会 英語

スタディサプリ TOEIC対策