進行形や受動態はSVC文で理解する

更新日:

英文を読むための基本英文法。

 

2文型法では、進行形や受動態、それに完了形も、SVCとSVOで理解する。

 

進行形と受動態はSVC、完了形はSVOだ。

 

つまり、現在分詞(-ing)や過去分詞(-ed)は、分詞であって、動詞ではない

 

コレを勘違いしている人が、とても多い。

 

動詞でないモノを動詞として捉えていれば、どうしたって読み間違える。

 

  • 現在分詞は、「~している状態」
  • 過去分詞は、「~されている状態」「~し終わった状態」
だ。

 

  1. He was running in the park.
  2. He is known to everybody.
  3. He has been to New York.
は、
「彼は、走っている、という状態で、存在した」→ 「彼は、走っていた」 「彼は、みんなに知られている、と言う状態で、存在する」 → 「彼はみんなに知られている」「彼は、ニューヨークにいた、という状態を持つ」→ 「彼は、ニューヨークに行ったことがある」
という風に理解すれば良いだけ。

 

現在分詞・過去分詞の感覚さえつかめれば、理解できるようになるはずだ。

 

そして進行形・受動態をSVC, 完了形をSVOだと理解すると、どんどん英語が簡単に見えてくる。

 


スタディサプリ オススメ

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

比較の文も、SVCかSVOで読めばよい。

英文は、SVCとSVOで区切って読むと、構造が理解しやすくなる。

 

たとえば、比較の文も、SVCまたはSVOで読むと、良く理解できる。

 

例を挙げると、「彼は、母親と同じくらいの背丈である」…という文があるとする。

 

中学生レベルの英語だから簡単なはず。

 

He is as tall as his mother.
でもこれって、どう理解しているかな? 文型はなんだろうか?もしこの文を、一カ所だけ区切るとしたら、あなたはどこで区切るだろうか?次の、1,2,3のどれが正しい?
He is /as tall as his mother.(1)He is as tall /as his mother.(2)He is as tall as /his mother.(3)
これに自信を持って正解できたら、ここから先は読まなくてもいい。

 

もし、1のように区切ったとしたら、この文はSVだと理解したと言うことだな。

 

じゃあ、as tall as his mother.は、どういう構造なんだ?もしかして、as ~ as のようにasで形容詞を囲めば、「同様に」という意味になると、思ってないか?恥ずかしながら私は大昔、そういう理解だったのだが。

 

そう思っている人は間違いだから、今ここで覚え直しておこう。

スポンサーリンク

Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット


英語学習は、まずこれから

先に熟語300の例文を丸覚え。次に英単語600を覚えるべし。

合格英熟語300: 点をとるポイントがわかる120字解説

合格英単語600: 最重要単語+100字解説+発音表示

合格英文125

改訂版 鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁

スタディサプリ 大学受験講座

月額2,000円ちょっとで、一流予備校講師の15分授業が見放題。高校生の基礎固めに、隙間時間の有効利用に!

スタディサプリENGLISH