修飾辞M…なくても文章が成り立つ部品

修飾辞M…なくても文章が成り立つ部品

英語が苦手な理系受験生のための、英文の読み方講座。2文型・核文変形文法の読み方を紹介します。

SVOOとSVOCは紛らわしい。

はかせ塾英語では、5文型の
SVOOとかSVOCという表現はしない。

 

SVOOはSVTO、SVOCはSV(S'V)になる。

 

なぜこういう区別をするかというと、
5文型のSVOOとSVOCのOを
ハッキリと区別するためだ。

 

SVOOの最初のOは「誰それに」と言う意味に訳するが、
SVOCのOは文の中にある別の文の主語になり
「誰が」と言う風に訳さないといけない。

 

3番目の位置に来る部品なのに訳し方は全然違うので、
日本語で訳すかという観点から記号を別にしているわけだ。

 

だからSVOOの最初のOはターゲット語(T)、
そしてSVOCのOは内主語(うちしゅご)と呼んでS'で表する。
つまりSVOO → SVTO、SVOC → SV(S'C) と言う風に
表すことにしたわけだな。

 

詳しいことはまたあとで述べることにする。
SVO文のバリエーション

 

最後はSVOCT以外の部品である修飾辞Mの説明だ。


スポンサードリンク

(6)修飾辞(M)・・・副詞句などの総称

主語、述語、説明語(補語)、目的語、ターゲット語ときて、
最後は修飾辞Mだ。

 

修飾辞(しゅうしょくじ)というのは、
副詞などを表す言葉で、
S・V・C・Oに当てはまらないカタマリを、
まとめて修飾辞と言う。

 

たとえば、

He is in New York. (彼はニューヨークにいる)

と言った場合のin New Yorkが修飾辞(M)になる。
だからこの文の構成はSVMだな。

 

be動詞というのは「いる、存在する」という意味なので、
「彼は存在する」…「ニューヨークの中に」というのが読み方になる。

 

be動詞はSVC文を作るのだが、こうしてCがない文というのもある。

 

また一般動詞でも場所や様子や時間などの情報は、
修飾辞ということになる

 

He got up early in this morning..(彼は今朝早く起きた)
She runs rapidly.
※下線部が修飾辞Mになる。

 

修飾辞の表記は滅多にしないが、一応知っておいて欲しい。

 

文章の構造として重要なのはS・V・C・O・Tの5つなので、
それ以外が修飾辞ってことで了解すれば良いだけだ。

 

文法構造の説明用語については以上だ。
次は最低限覚えて欲しい品詞の知識だ。

 

NEXT:覚えておくべき品詞(1)名詞・形容詞・動詞

スポンサードリンク

人気勉強法ランキング

★第1位★医師が教える科学的英語勉強法講義

★第2位★35日で奇跡の逆転合格高校受験勉強法3ステップラーニング

★第3位★医学部合格者が教える大学受験勉強法

★第4位★サクラサク高校受験 勉強法

★第5位★サクラサク中学受験 勉強法

★第6位★塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法

★第7位★97%が合格!高校受験・高校入試・勉強対策

英語・英会話教材 人気ランキング 2016/10

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★オウム返しをするだけで英語が飛び出す!スピーキングパワー

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★英語バイリンガル育成プログラム!リスニングパワー

★第6位★TOEIC900点、ネイティブも驚く医師が教える科学的英語勉強法講義

このエントリーをはてなブックマークに追加