文章のカナメは述語動詞

更新日:

英文を文節(意味の塊)に区切り、主語を読みほどいたら、次は述語の特定だ

 

基本英文法のところでも述べたが、英語は述語動詞によって2種類の文章に分けることが出来る。

 

それがつまりSVC文・SVO文で、どちらになるかは動詞を見て判断すればよい。

 

Be動詞やbe動詞で置き換えられるのがSVC文で、それ以外の文章がSVO文と言うことだ。

 

ところが大学入試に出てくる英文には、動詞がたくさん入っているモノが多い。

 

一文に3つくらいは普通で、5つや6つも入っていたりする。

 

だから英文和訳の最初の関門は、述語動詞がどれなのか見つけることだ

 

どの動詞が主文の述語動詞で、どの動詞が述語動詞でないかって事を見分けないと、核文にまで分解することが出来なくなる。

 

現在分詞や不定詞、過去形や過去分詞など、動詞の活用はいろいろあるから、それをまず見極める必要がある。

 

たとえばこういう感じだ。

 

■述語動詞はどれ?(1)The man wearing jeans is wearing on me.
また過去分詞と過去形が同じ形の動詞の場合、過去分詞として使われているのか、過去形で使われているのかは、パッと見では分からない。

 

■述語動詞はどれ?(2)The man called Jack called Zack then.

スタディサプリ オススメ

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

現在分詞は述語にはならない

述語動詞を見つけるには、やはりまずスラッシュで文節に区切ってから考える。

 

復習だが、英文の区切り方は

  • 主語のすぐ後ろ
  • 動詞のすぐ後ろ
  • 前置詞(in, at, with, to, for, onなど)の直前
  • 副詞の後(副詞はかっこで囲っても良い)
  • of の前では区切らない
と言うことになるのだが、動詞の後ろに目的語がある場合は必ずしも区切らなくても良い。

 

ということで例文1を区切ってみる。

 

The man/ wearing jeans /is/ wearing/ on me.
この文の場合は先頭のThe manが主語って事になるが、現在分詞は述語にはなれないから主語に対応する述語動詞はisになる。

 

SVC文のところで説明したが、現在分詞というのは現在分詞というのは「今まさに動いている状態」を表現している。

 

だから動詞ではなく形容詞だと見なす方が分かりやすい。

 

形容詞なら当然、述語動詞にはならないよね。

 

となると現在分詞のwearingは二つとも述語動詞になれないから、残ったisが述語動詞って事になる。

 

ということでこの例文の主語は「ジーンズを着たその男」ってことになる。

スポンサーリンク

Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット


英語学習は、まずこれから

先に熟語300の例文を丸覚え。次に英単語600を覚えるべし。

合格英熟語300: 点をとるポイントがわかる120字解説

合格英単語600: 最重要単語+100字解説+発音表示

合格英文125

改訂版 鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁

スタディサプリ 大学受験講座

月額2,000円ちょっとで、一流予備校講師の15分授業が見放題。高校生の基礎固めに、隙間時間の有効利用に!

スタディサプリENGLISH