SVO文(4)SVS'C文は核文に読みほどいて読む文

SVO文の最後はSVS'C文だ。

 

SVS'C文というのは、

  • 主語+述語+名詞+名詞または形容詞類 
と言うふうに単語が並んでいる文だ。

 

5文型で言うSVOCだな。

 

4つ目の部品は3つ目の部品の状態を説明している名詞または形容詞類だ。

 

さて今までの英文は、意味を取るのも和訳するのも、比較的簡単な文章だった。

 

しかしSVS'C文だけは、ちょっと厄介だ。

 

というのも「て・に・を・は」をつけるのが少し難しいからだ今までの文なら、

  • CなしSVC文 → 「Sは存在する」
  • SVC文 → 「SはCだ」
  • OなしSVO文 → 「SはVする」
  • シンプルSVO文 → 「SはOをVする」
  • SVTO文 → 「SはTにOをVする」
と言う風に規則通り「て・に・を・は」をつけて訳せば良かったわけだ。

 

ところがSVS'C文ではそう上手くいかない。

 

たとえば、こんな感じになる↓

  • He calls me Taro.「彼は/呼ぶ/私を/太郎と」
  • He made me happy.「彼は/私を/幸せに/した」
  • I saw him running.「私は/彼が/走っているのを/見た」
  • I found the window broken.「私は/その窓が/壊れているのを/見つけた」
  • I have my hair cut.「私は/髪の毛を/切ってもらった」
  • I got my bag stolen.「私は/カバンを/盗まれた」
例文の和訳例を見ると「て・に・を・は」が、かなりバラバラだ。

 

なぜこういうことが起こるのか?もちろんそれには、ちゃんとした理由がある。

 

それはSVS'C文が、核文ではないからだ


核文とは、主語・述語が一対の文

核文というのは、その言語が持つ基本文だと前に書いたが、核文の特徴は主語・述語が一対しかない文だということだ

 

主語・述語を、たった一対に限定するからこそ、核文まで分解すると他の言語に翻訳し易くなるっていうことだ。

 

ところがSVS'C文には文中に主語にあたる部分が2つあって、2つの核文が合成されたモノだ。

 

SVS'C文は核文ではないので今までの文型のように、規則的に「て・に・を・は」を振るわけにはいかなくなる。

 

だから訳しにくくなっているんだ。

 

そこで核文を意識してSVS'C文を見ると、こういう構造になっているわけだ。

 

  • S + V + (SVC)
SVS'C文はシンプルなSVO文のOの部分にSVCという構造の文章が、変形されたカタチで入っているってことなんだな。

 

はかせ塾英語でなぜ5文型のSVOCをわざわざSV(S'C)と表記しているかというと、「〜を」と呼ぶ部分を対象語Oと定義し、核文変形を意識して和訳をするからだ。

 

従ってSVS'C文を和訳するには、今までの文章とは異なった手順が必要だ。

 

それが「核文に、いったん読みほどいてから訳す」という手順だ。

 

読みほどくとは文章の一部分を主語・述語の揃った1つの文章にしてみる言うことなんだが、例文中のS'Cを核文に読みほどくと下のようになる。

 

  • He calls me Taro.→ I am Taro.
  • He made me happy.→ I was happy.
  • I saw him running.→ He was running.
  • I found the window broken.→ The window was broken.
  • I have my hair cut.→ My hair was cut.
  • I got my bag stolen.→ My bag was stolen.
全てbe動詞を補う)。

 

広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付


このエントリーをはてなブックマークに追加


Z会 英語

スタディサプリ TOEIC対策