SVO文(2)シンプルSVO文

次は対象物が1つ必要な動作の文だ。

 

have, get, wantなど、多くの動詞がこのタイプの文章を作る。

 

これらの動詞に共通するのは、SVだけでは「何を?」という言葉が足りない感じになることだ。

 

たとえば、

  • I have.「私は持っている」 → (何を?)
  • I like.「私は好きだ」 → (何を?)
  • I got.「私は手に入れた」 → (何を?)
  • I want.「私は欲しい」 → (何を?)
と言う具合だ。

 

だからこの「何を?」に答える単語を入れると、一人前の文章ができあがるわけだ。

 

  • I have a pen.「私は持っている」・・・(何を?)・・・「ペン。

     

  • I like cats.「私は好きだ」・・・(何を?)・・・「ネコ。

     

  • I got a Xmas present.「私は手に入れた」・・・(何を?)・・・「クリスマスプレゼント」
  • I want your kindness.「私は欲しい」・・・(何を?)・・・「あなたの優しさ」
ただ足りない感じがするのは「何を?」という空白感を埋める言葉だけだ。

 

この後で説明するSVTOを作る動詞のような「誰に?」という空白感はない。

 

こういう文を単なるSVO文とか、シンプルSVO文などと呼ぶことにする。

 


SVO文(2)SVTO宛先が必要なSVO文

動作には対象物の他に、宛先(T)が必要な動作もある。

 

どういう動作かというと、「誰かに」「何かを」「〜する」といった動作だ。

 

たとえば「与える」「送る」「見せる」「手渡す」「差し出す」などと言った動作だ。

 

それから「〜してあげる」というような動作も相手が必要だな。

 

こういう動作はターゲット語Tを使って、SVTOという言葉の並べ方をして表される。

 

  • He gave his daughter a birthday present.
(彼は/与えた/自分の娘に/誕生日プレゼントを)
  • She cooks him a breakfast every morning.
(彼女は/料理する/彼に/朝食を/毎朝)
またSVTOの文は主語が抜けて命令文になることがよくある。

 

  • Show me your passport.(あなたのパスポートを見せてください)
  • Tell me why he has done such a foolish thing. (彼がなぜそんなばかなことをしているのか教えてください)
因みにSVTOという語順にできるのは次のような動詞だ。

 

■SVTO文を作る動詞(方向のみ示すグループ) → SVO + to Tとも表せる動詞。

 

teach(教える), tell(告げる), give(与える), lend(貸す), show(見せる), hand(手渡す), offer(差し出す), pass(手渡す), pay(支払う), sell(売る), send(送る),

■SVTO文を作る動詞(「〜してあげる」) → SVO+for T とも表せる動詞。

 

make(作ってあげる), get(手に入れてあげる), buy(買ってあげる), find(見つけてあげる), cook(料理してあげる), choose(選んであげる), leave(残しておいてあげる)、play(演奏してあげる)、sing(歌ってあげる)

それからwant T to doask T to do といった文章もSVTO文になる。

 

これも「誰それに」「何かを」「〜する」と言う文章だ。

 

  • I want you to go with us.「私は/望む/あなたに/私たちと一緒に行くことを」
  • He asked you to meet her. 「彼は/頼んだ/あなたに/彼女と会うことを」
これは次に紹介するSVS'C文にも似てるが、to go with usやto meet herは、T(you)の状態を説明しているわけではないのでSVS'C文にはならない。
広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付


このエントリーをはてなブックマークに追加


Z会 英語

スタディサプリ TOEIC対策