日本人にハングルが簡単に覚えられるわけ

なかなか上がらなかった英語の学力。

 

しかし熟語を含んだ英文を丸覚えすることで、英語の学力がようやく上がり始めた。

 

さらに上智大学で英語を教えていた安西徹雄先生の『英文翻訳術』(ちくま学術文庫)という本にであい、「核文変形生成文法」というものの存在を知った。

 

これは言語にはそれぞれ基本的な方法となる文(核文:かくぶん)が数文あるだけで、あとはそれをいろんな言葉(たとえば接続詞や副詞や助詞や助動詞)を使って、多様な表現に広げているだけだという理論だそうだ。

 

核文というのは英語で習う5文型みたいなものだが、それにWhy等の疑問詞をくっつけたり、Because等の接続詞を使って2文を1文にひっつけたり、Ifを使って条件を表したりする。

 

言語というのは、そういう風に基本文から表現を広げていくと考えるわけだ。

 

この理論によると英語とドイツ語、日本語とハングル(韓国・朝鮮語)が、単語を置き換えるだけですぐに意味の通る訳にできるのは、核文まで分解して再構成する必要がないからだということになる。

 

韓流ブームでハングル(韓国・朝鮮語)学習が盛んになったが、韓国語って一番日本語に近い外国語だったから覚えやすく、簡単に覚えられるもんだから流行っているんだろうね。

 

ウィキペディアの解説→変形生成文法


英語が得意な人が頭の中でやっていることとは

日本語とハングル(韓国語)は、文法構造が同じなので、単語を翻訳するだけで話せるようになる。

 

逆に英語と日本語との間で訳がうまくできないのは、この二つの言語を翻訳するためには、核文まで分解する必要があるからだと言うことなのだ

 

だからこの理論を使うと英文和訳は

(英文)→(英語の核文に分解)→(日本語の核文に翻訳)→(自然な和文に再構成)
…と言う経路で和訳すればよいということになる。

 

和文英訳の場合は逆の経路をたどればよいわけだ。

 

こういうことは英語のできる人にとっては半ば無意識にやっていることだし、高校の授業でも似たようなことはやっている。

 

しかし得意な人間が無意識にやっていることだからこそ、英語が苦手な人にとっては変換過程がブラック・ボックスになっていて見えていなかったということだ。

 

ブラック・ボックスの中はどうなっているか?といえばおそらくこうだろう。

 

I was laughed at.→(この英文の意味するイメージを想像)→(自分が誰かから笑われたイメージ・光景が思い浮かぶ)→(この光景に対応する日本語表現を検索)→「私は笑われた」
英文和訳の問題集の答えや、模試の模範解答がなぜそんな日本語になるのか、不思議に感じる受験生も多いだろう。

 

でもこの翻訳の過程が見えていなければ、わからないのは当然だ。

 

広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付


このエントリーをはてなブックマークに追加


Z会 英語

スタディサプリ TOEIC対策