リッピング、音声変換ツールの紹介

CDやDVDからデータを抜き出すことを「リッピング」(Ripping)と言う。

 

リッピングというのは「はぎ取る」と言う意味だ。

 

前回紹介した、ウインドウズ・メディア・プレイヤーによる音声の取り込みも実はリッピングの方法の一つだ。

 

リッピングというと、リップ(くちびる)で吸い出すという意味かと思っていたが、くちびるの綴りはLipであるから違う。

 

Ripは「ピッと裂く」という意味なので、ついでに覚えておくといい。

 

さてウィンドウズ・メディア・プレイヤーで音声を抜き取ると、デフォルトではWAV形式とかWMA形式のファイルができる。

 

設定を変えればいきなりmp3ファイルにすることもできるが、既にあるWMAファイルなどをmp3形式に変換するには変換ツールが必要だ。

 

私は『BatchWOO!』という無料ツールを使っているが、これは画像ファイルから音声だけ抜き出すのにも使える。

 

BatchWOO!(音声抜き取り、音声変換ツール)
<おまかせ>のところを、<ポータブルプレイヤー向け(低品質)>にして、白い窓にファイルをドラッグ&ドロップしてGOボタンを押すと、mp3ファイルを作ることができる。

 

録音の音量調整もできるが、音量調整は別のツールで揃えればよいので気にしなくても良い

 

リスニング練習(2)ツールで、リスニング用ファイルを作る★ダウンロードはこちらから→BatchWOO!(ベクター)

ネット上の動画をダウンロードするツール

また、ユーチューブ動画などのサイトから、動画ファイルや音声ファイルを保存するツールもある。

 

気に入った動画があれば、パソコンに取り込んでおけば、ネット環境の善し悪しに関係なく楽しめる。

 

★Craving Explorer (動画ダウンロードツール)
ユーチューブ動画に載っている動画なら、mp4形式の動画ファイルか、mp3形式の音声ファイルに変換可能。

 

動画を検索すると、動画の下に、<動画を保存><音声を保存>リンクができるので、それをクリックすると保存できる

 

★配布サイト→Craving Explorer


パソコン上の音を録音する/MP3形式のファイルの音量を揃えるツール

パソコンで流れている音声を録音するソフトもいろいろある現在私が使っているのは『Moo0 ボイス録音器』というものだ。

 

mav形式とmp3形式で録音できるが、もちろんmp3形式で録音する。

 

このツールの良いところは、いきなりmp3形式で録音できるところと、PC音声とマイクなどから拾う音声を別に取れるところ。

 

webカメラを接続していると、カメラに付いているマイクなどから雑音が山ほど入ってしまうので、切り替えができるところが優れものだ。

 

Moo0 ボイス録音器(PC上の音声を録音するソフト)
Moo0 ボイス録音器★ダウンロードはこちら→Moo0 ボイス録音器(vector)
MP3Gain(mp3ファイルの音量を揃えるソフト)
mp3ファイルをいろいろ作ると、音量を揃えたくなることがある

 

リッピングで色んな所から音を集めてくると、音量がまちまちになって聞きづらくなる。

 

その音量を一定の範囲内に揃えるのが次のソフトだ。

 

大きな白い窓に音量を調整したいファイルをフォルダごとドラッグ&ドロップして、黒い<track gain>ボタンをクリックすれば、設定した音量レベルに調整してくれる

 

mp3ファイルの音量を揃えるソフト★ダウンロードはこちら→MP3Gain(ベクター)


広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付


このエントリーをはてなブックマークに追加


Z会 英語

スタディサプリ TOEIC対策