2文型法を使うわけ

更新日:

はかせ塾英語では英文をまず大きく2つに分類して読んでいく。

 

その2つの分類法とは、述語動詞がbe動詞系(連結動詞)か一般動詞かという分類だ。

 

英英辞典ではbe動詞というのは連結動詞(linking verb)という品詞になっていて主語と形容詞(形容詞句)をイコールでつなぐ役目を持っている。

 

述語動詞がbe動詞系(連結動詞)の場合はSVC文と判定し、そうでない場合はSVO文と判定する

 

どちらかわかりにくい場合もあるが、be動詞なら確実にSVC文だから、迷うことはないはずだ。

 

  • 述語動詞がbe動詞系(連結動詞) → SVC文
  • 述語動詞が一般動詞 → SVO文
2つに分類する理由は、文章を前からドンドン読んでいくためだ。

 

学校文法では英文を5文型で教えるが、選択肢が5つもあると迷うはずだ。

 

だからまず選択肢を2つに減らして、SVC文とSVO文にバッサリ分けるわけだ。

 

そしてこの2つをバッサリ分けるために述語動詞を見る。

 

述語動詞がbe動詞系(連結動詞)だったらSVC文。

 

そうでなかったらSVO文。

 

簡単でしょ?因みにbe動詞系(連結動詞)の動詞には、こんなモノがある。

 

■be動詞系(連結動詞)の動詞
  • keep, lie, remain, stay (~の状態のままである)。

     

  • become, get, grow, turn  (~になる、~に変わる)。

     

  • feel, smell, taste, sound  (感じる、臭いがする、味がする、聞こえる)
  • look, seem, appear  (~に見える)
  • die, (死ぬ)
これは一生懸命覚えなくても良い。

 

見分ける方法もあるので。

 


スタディサプリ オススメ

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

SVC文の見分け方と訳し方

SVC文の見分け方は、述語動詞がbe動詞系(連結動詞)であるかどうかで分かる。

 

be動詞でない場合はbe動詞で置き換えて文が成り立つかどうかで考えればよい

 

  • I got hungry. → I was hungry.  置き換えができるのでSVC文。

     

  • I got a present. → I was a present. 文章はできるが妙な文章になるのでSVO文。

     

他にも主語と動詞の後にある単語の関係を見るという方法もある。

 

5文型法で良く出てくるS=Cかどうか考える方法だ。

 

実質的にはあまり変わらないんだが、あまりオススメしない。

 

というのもbe動詞に置き換えて考える方が、英文和訳の時に役立つからだ。

 

SVC文で述語動詞がbe動詞でない動詞の場合は、これをいったんbe動詞で置き換えてから訳すとうまくいく。

 

たとえば、

  • Tom looks happy. < Tom is happy. (トムは幸せだ → トムは幸せに見える)
  • She kept calm.  < She was calm.(彼女は落ち着いていた → 彼女は落ち着いたままだった)
  • I got hungry.  < I was hungry.  (私は腹が減っていた→ 私は腹が減った)
  •  She died young. < She was young. (彼女は若かった → 彼女は若い状態で死んだ→ 彼女は若くして死んだ)
  •  The sky turned gray. < The sky was gray. (空は灰色だった → 空は灰色に変わった)
それでは次はSVC文について説明していく。

スポンサーリンク

Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット


英語学習は、まずこれから

先に熟語300の例文を丸覚え。次に英単語600を覚えるべし。

合格英熟語300: 点をとるポイントがわかる120字解説

合格英単語600: 最重要単語+100字解説+発音表示

合格英文125

改訂版 鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁

スタディサプリ 大学受験講座

月額2,000円ちょっとで、一流予備校講師の15分授業が見放題。高校生の基礎固めに、隙間時間の有効利用に!

スタディサプリENGLISH