(4)対象語・目的語(O)・・・SVO文の部品

更新日:

英文は動詞で二つに分けることが出来る。

 

一つ目がSVC文で、述語がbe動詞の文章だ。

 

一方、述語動詞がbe動詞でない一般動詞の場合は、SVO文になる

 

OというのはObjectの略だが、「物体、対象、目標・目的」と言う意味だ。

 

たとえばI have a pen. なら、have(持っている)→(対象物は何?)→「ペン」ということで、a penの位置にある単語がObjectになりOで表しているわけだ。

 

学校文法でなぜこれに「目的語」という名前を付けたのかはよくわからない。

 

私だったら絶対「(動詞の)対象語」にするんだけどね。

 

次の文の下線部部分が目的語だ。

 

I have a pen.※ 「私は持っている」・・・(何を?)・・・「ペン。

 

」I like cats.※「私は好きだ」・・・(何を?)・・・「ネコ。

 

2番目の英文は自然な日本語としては「ネコを」より「ネコが」だな。

 

「~が」は普通は主語を表するが、この場合は主語を表しない。

 

この辺が日本語の「て・に・を・は」の難しいところだ。

 

さてここで、はかせ塾英語では特に

  • 日本語で「~を」と訳す部分を対象語・目的語(O)
  • 「~に」と訳す部分をターゲット語(T)
と呼んで区別することにする。

 

詳しいことは、またあとのSVO文のところで説明する。

 


スタディサプリ オススメ

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

(5)ターゲット語(T)・・・SVO文の部品(宛先)

一般動詞はシンプルなSVO文を作る事が多い。

 

が、give, tell, teach, ask, sendなどと言った動詞には、<誰に?>という言葉が必要だ。

 

この<誰に?>というのに当たる言葉を、ターゲット語(T)と呼ぶことにする。

 

たとえばgiveと言う単語は「与える」と言う意味だが、「与える!」とだけ言われたら『誰に?』『何を?』という2つの疑問が出てくるよね。

 

つまり「与える」という動作には、与える相手と与えるモノという2つが必要なわけだ。

 

学校文法では両方とも『目的語(O)』という言葉でひとくくりにしてるが、はかせ塾文法ではこれを区別して『ターゲット語(T)』と呼ぶのだ。

 

次の文の下線部がターゲット語だ。

 

I gave him a present. ※ 「私はあげた」・・・(誰に?)・・・「彼に」・・・(何を?)・・・「プレゼントを」Tell me the way to the hospital.※ 「教えてください」・・・(誰に?)・・・「私に」・・・(何を?)・・・「病院までの道を」I asked him to do it.※ 「私は頼んだ」・・・(誰に?)・・・「彼に」・・・(何を?)・・・「それをすることを」
なぜわざわざこうしてターゲット語という新しい用語を使うかというと、実はSVOOとSVOCという文型が非常に紛らわしいので区別するためだ。
スポンサーリンク

Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット


英語学習は、まずこれから

先に熟語300の例文を丸覚え。次に英単語600を覚えるべし。

合格英熟語300: 点をとるポイントがわかる120字解説

合格英単語600: 最重要単語+100字解説+発音表示

合格英文125

改訂版 鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁

スタディサプリ 大学受験講座

月額2,000円ちょっとで、一流予備校講師の15分授業が見放題。高校生の基礎固めに、隙間時間の有効利用に!

スタディサプリENGLISH