英語は強調したい部品が前に来る

英語は強調したい部品が前に来る

核文変形文法での和文英訳の順序は?

和文英訳は、英文和訳の逆。

 

1.和文を部品に分解し、
核文(かくぶん)を見つける。
2.各部品を英語に訳す。
3.訳した英語を核文から並べる。
4.残りの部品を自然な英語になるように並べる

 

さっきの例文、
「彼はたいてい8時に学校へ行く」を英訳する場合なら、
まず「彼は」「たいてい」「8時に」「学校へ」「行く」
…と言う風に分解して、部品を英訳する。

 

で、この文の核文は「彼は、行く」だから
まずHe goes.と言うのを書いて、
それに他の部品を英語のルールに従って、
付け加えていけばいいわけだ。

 

英語の場合、部品の並べ方は通常、
修飾する言葉の後ろに並べる

 

一語の場合は修飾する言葉の前に入ったりもするが、
句や節はほとんど後ろだ。

 

日本語だと「8時に行く」「学校へいく」と言う風に前に並べるが、
英語の場合はgo at eight, go to schoolと言う風に、
後ろに並ぶわけだな。

 

また「いつ」「どこで」は、「場所」「いつ」と言う順番になる。
これも日本語とは逆だし、英語の場合は語順が重要だ

 

He goes to school at eight.
核文 + どこ + いつ

 

usually, always, sometimes, seldomのように、
一語で頻度を表すような副詞は、
一般動詞の場合は動詞の前に置き、
be動詞や完了形を示すhave、助動詞などがあれば、
その後に入れるのが普通だ。

 

※ 実はbe動詞や完了を表すhaveは、文法的には助動詞扱い。



強調したい部品が前に来るのが英語

それから英語というのは、
言いたいことや強調したい部分を、
できるだけ前に来るように並べるというのも大きな特徴だ。

 

  • Misato always gets up at seven in the evening in her boyfriend's bed.
  • Misato always gets up in her boyfriend's bed at seven in the evening.

上の文章だと「午後の7時に」という部分が大事・イイタイコト。
下の文章だと「男友達のベッドで」という部分が大事・イイタイコト。

 

文末に行くに従って、だんだんどうでもいいことになると言う特徴がある。
主語述語が文頭の方に来るのも、それが大事な部分だからだな。

 

だから書き換えなどでよく出てくるような文でも、
実は意味合いは違うわけだ。
たとえば

  • He is not so much a politician as a merchant.
  • He is a merchant rather than a politician.

と言う文章は両方とも
「彼は政治家と言うよりむしろ商売人だ」という訳になるが、
イイタイコトが違う可能性があるわけだ。

 

上の文は「あいつは政治家なんかじゃないよ」と言いたくて、
一方下の文は「あいつは商売人だよ」と言いたいから、
こういう文章を選択したわけだ。

 

倒置法や強調構文など、通常の語順とは異なる文章の場合も、
特別に強調したい部分があるので、そう言う風になっているわけだ。

 

英文和訳の際も和文英訳の際も注意が必要だ。

 

訳の話はこれくらいにして、
次はSVO文の説明の続きだ。

 

NEXT:シンプルSVO文とSVTO文

スポンサードリンク

人気勉強法ランキング

★第1位★医師が教える科学的英語勉強法講義

★第2位★35日で奇跡の逆転合格高校受験勉強法3ステップラーニング

★第3位★医学部合格者が教える大学受験勉強法

★第4位★サクラサク高校受験 勉強法

★第5位★サクラサク中学受験 勉強法

★第6位★塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法

★第7位★97%が合格!高校受験・高校入試・勉強対策

潜在意識・脳能力開発ツール 教材 人気ランキング

★第1位★東大医師監修・森田敏宏の天才脳開発パーフェクトブレイン

★第2位★サブリミナルで自分を洗脳して望みを叶えろ!サブリミナルブレイン

★第3位★自分の人生を生きろ!PotencialSecret 潜在意識活用マニュアル

英語学習法 人気ランキング

★第1位★動画で18日間学べば1万4,000語がカバーミリオン・ボキャメモリー

★第2位★合格者続出!英検1級対策マニュアル

★第3位★TOEIC900点、ネイティブも驚く医師が教える科学的英語勉強法講義

★第4位★英語バイリンガル育成プログラム!リスニングパワー

英会話教材 人気ランキング

★第1位★英会話フレーズ600を完全記憶60日完全記憶英会話

★第2位★会話の流れを知れば簡単!LA英会話学校Hapaトラベル英会話

★第3位★辞書なしでも13の質問フレーズと基礎話法で自力で話せる英会話

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★オウム返しをするだけで英語が飛び出す!スピーキングパワー

このエントリーをはてなブックマークに追加