名詞構文のよみほどき方

名詞構文のよみほどき方

名詞構文の核文変形

英文を読むにはまず、
主語をキチンと読みとらないといけない

 

そのために必要なのが、
名詞構文や所有格構文の読みほどき方だ。

 

名詞構文や所有格構文を読みほどくには、

所有格 → 主語S
動詞または形容詞由来の抽象名詞
 → 元の動詞V や形容詞(説明語C)に還元
形容詞 → 副詞

というふうにやる。

 

実際どうやるかというと、
たとえば、

his success :
his → he,  success < succeed(成功する)

だから、He succeeds. 「彼が成功する(こと)」と読みほどける。
OなしSVO文だな。

 

a doctor's absence:
a doctor's → A doctor, absence < absent (不在の)

だから、A doctor is absent.「医師が不在である(こと)」と読みほどける。
SVC文のパターンでbe動詞が入る。

 

your quick recovery

形容詞のquickをquicklyと副詞化して、
You quickly recover.「君がすぐに回復する(こと)」と読みほどける。

 

所有格構文の場合は、
こんなふうに所有格部分が主語になるので難しくはない。

 

スポンサードリンク

所有格のない名詞構文

一方、所有格のついていない
名詞構文(A of B)の場合は少々厄介だ。

 

というのも動詞や形容詞に還元できない名詞が
主語になったり目的語になったりするからだ。

 

例をいくつか挙げてみると…

the absence of communication :
absence < absent(不在である)に還元できる。

これは形容詞なので核文に読みほどくとSVC文を作る。
つまり Communication is absent.で「通信・会話が存在しない(こと)」となる。

the development of India:
development < develop(発展)

 

だがこれは自動詞・他動詞として使われるのでOなしSVO文か、
シンプルSVO文に還元できる。

 

つまり 「インドが発展する(こと)」とも「インドを発展させる(こと)」とも読める。
どちらに訳すかは前後の文の内容次第だな。

the sharing of information:
sharing < share(共有する)

 

の場合は目的語が必要な動詞だからSVO文。
つまりshare informationで 「情報を共有する(こと)」だ。

 

his discovery of a new island:

 

これはhisという所有格があるのでこれが主語。
動詞や形容詞に還元できないa new islandが目的語だな。
<He discovered a new island.「彼が新しい島を発見した(こと)」

a careful examination of his eyes:

examination < examine(検査する)と還元できて目的語が必要なのでSVO文。
また形容詞careful → 副詞carefullyというふうに変形して 
< S carefully examines his eyes.「注意深く彼の目を検査する(こと)」

 

その他にも読みほどきにくいA of Bのカタチがいくつかあるが省略。

 

NEXT:主語は人物にして訳せ

スポンサードリンク

人気勉強法ランキング

★第1位★医師が教える科学的英語勉強法講義

★第2位★35日で奇跡の逆転合格高校受験勉強法3ステップラーニング

★第3位★医学部合格者が教える大学受験勉強法

★第4位★サクラサク高校受験 勉強法

★第5位★サクラサク中学受験 勉強法

★第6位★塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法

★第7位★97%が合格!高校受験・高校入試・勉強対策

英語・英会話教材 人気ランキング 2016/10

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★オウム返しをするだけで英語が飛び出す!スピーキングパワー

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★英語バイリンガル育成プログラム!リスニングパワー

★第6位★TOEIC900点、ネイティブも驚く医師が教える科学的英語勉強法講義

このエントリーをはてなブックマークに追加